●HOME ●資料請求・問合せ

半導体レーザ駆動装置は、半導体レーザ(LD)に電流を注入し、半導体レーザを発光(駆動)させる為の装置です。一般的な名称は、半導体レーザドライバ(LDドライバ)、半導体レーザコントローラ(LDコントローラ)、半導体レーザ電源(LD電源)等です。
スタンダードセレクション
製品インデックス
高速パルス変調
高速リニア変調
高周波重畳変調
テクニカルノート
用語の説明
トピックス・最新情報
お問合せ・資料請求
大電流CW、高速アナログ変調、高速パルス変調
ALP-78331PA  8500mA-3V Tr.60ns DC〜6MHz
ALP-78331PAは高速リニア変調機能と高速パルス変調機能も兼ね備えています。


●出力安定化:ACC
●LD駆動極性:全ての極性に対応
仕様概要

LD駆動極性:アノードコモン、カソードコモン、フローティング
電流設定範囲:0mA〜8500mA、駆動電圧:3V
パルス変調:Tr.Tf.60ns、アナログ変調:DC〜6MHz
出力安定化:ACC
寸法:W35、D140、H330